スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1冊あたりの寄付額について。

 ブログ本の印税は、いくらぐらいなのか・・・・・
幾つかの出版社から「ジュルのしっぽ」の書籍化のお話をいただいて提示された印税が、価格の3~5%だったのでそんなものなのかなと思う。
いろいろ話を聞いたりネットでみると、一般的に印税は3~10%といわれているらしくて、売れるかどうかもわからないし、広告もたいしてしない一般人のブログ本なら、提示された印税率で妥当というところみたい。いまどき10%なんてもらえるのは、確実に売れる相当な売れっ子作家でなければもらえない。
 その印税の対象となる冊数は、<製本した冊数>にするか、<売れた冊数>にするかの2パターンがあるらしくて、大抵は<製本した冊数>にする。売れる見込みのある本は印税10%とかにして、その代わり在庫負担を負うという意味で<売れた冊数>だけを対象にしたりするのだとか。
 出版社のジュリアンは、以前から“LOVE……is touch.”プロジェクトと題して、動物との共生を考える出版社として本の売上げの一部を寄付してきた。
わたしの出版条件は、ただひとつ。
「わたしは全額寄付するから、出版社も寄付してね♪」
出版社は儲かるだけなんです、では辻褄があわない。
大抵の場合、ここで頓挫。出版不況といわれて久しく、大手出版社までもが倒産してしまう今日この頃、ただでさえ利益が出ないのに寄付などとんでもないみたい。嘘か本当かは知らないけれど、ある出版社の方のお話では、本は1万部ぐらい売れてくれないと最終的には赤字になってしまうのだそうで、次から次に本を世に送り出して、薄利多売にならざるをえないのだそう。5万、10万部も売れるヒット作品は数えるほどしか出ない。そのヒット作品で、なんとか利益を出しているのが現実なのだとか。
だから半ばあきらめていたところに、たまたまジュリアンさんと出会うことができた。

 わたしの印税は何%で、ジュリアンさんは何%でという詳細の報告をしたいところなのだけれど、大人の都合上、詳細を公表するのはあまりよろしくないみたい。
そこでおおまかに説明すると、当初の契約ではわたしの印税と出版社の利益の一部を足しても、1冊あたり寄付できる金額が80円程度だった。
わたしが本を購入する立場だったら、出版業界の事情なんて知らないわけだから、「ひょえ~、それっぽっち?」と思うに違いない。すくなくとも10%の140円ぐらいは寄付するんでしょ、と単純に発想しそう。だいたい中途半端な何円何%なんていうのは、寄付するっていっているわりになんだかせこいじゃないと思うだろう。主婦の思考回路ってそんなものなのだ。
 そこで、ジュリアンさんとギリギリまで相談。じつは発売日を過ぎてもまだ相談していた次第。
その甲斐あって、「1冊100円」を寄付できることになった。1冊でネコ缶1個は買ってあげられるし、集まった額がまとまれば、病院の設備を整えることもできる。
 ちなみにわたしは作家でもライターでもないから稿料なんてないし、わたしの懐に入るお金は一銭もないことをはっきりと明言しておきます。重版しようがなにが起ころうが一銭も入ってこない。印税だってわたしの口座を一切通さず、そのまま出版社からライフボートへ直接振り込まれるようにしたぐらい徹底しているから懐に入れようがないのです。

 というわけで、1冊あたり100円がライフボート友の会に寄付されます。
1万部で100万円。とてもわかりやすい。
(献本等諸費用が発生することもありますので、目安にしてください。)


スポンサーサイト

コラム(2) 書籍化って大変。


 書籍化されているブログを拝見していて、〆切に追われて大変そうなイメージがあった。
そして、それは想像を超える大変さだった。打ち合わせでスケジュールを聞いて、こりゃ大変だと思った。
どのぐらい大変かというと、「たったの3日で本の内容がだいたい決まっていないとダメ」という感じ。そんなの無理だよ~。
打ち合わせをした日から3日後には、本の大まかな内容と選定した画像の〆切。それに基づいて出版社が3日後に台割を決定。そこから10日後に原稿の〆切。そこから3週間で色の確認や文章の修正を経て、印刷所に渡してできあがり。あれよあれよと本になっちゃう。 
知人が出版系の仕事に関わりがあることもあって相談したら、その最初の3日間ではっきりと自分の構想をつくた方がいいという。つくれれば、自分のイメージどおりの本になるだろうけれど、構想がなければ出版社さんにすべてお任せになる。当然、わたしのイメージとは違うものになっても仕方がないのだと。
 本になるなら、自分で納得できるものをつくりたい。
 そこでまず、実際の本を手にしてイメージを膨らませるために本屋さんにいくことにした。
本の大きさは、最近ブログ本では主流のA5変型とかいうサイズで、ソフトカバーが読みやすいかな。厚さは最低でも112頁ぐらいはほしい。写真集だけど読みすすめる感じの本にしたい。表紙カバーは油絵のキャンバス生地みたいになっていて温かみがあるものを。写真の感じはツルツルしてない落ち着いた感じの紙質がいい。色はたくさん使うのではなくてブログで使っているブラウン、オレンジ、ベージュ系統でナチュラルな感じで統一。字の大きさはこのぐらい、などなど。外観はかなりこまかく好き勝手にイメージした。
 不思議なもので外観がイメージできたら、自然とストーリーもなんとなくできてきて、コンセプト、章立て、あらすじという順番で、さらさらとできていった。写真もそれに合わせて選定すればいいわけだし。
デザインの印象、色の感じ、写真の大きさや明るさ。こういうことも全部、イメージがあったから嫌なものは嫌といえたし、担当の方やデザイナーさんも耳を傾けてくれたのだと思う。本当にお手数をお掛けしてしまった。ご協力に心から感謝。
 こうして書籍版「ジュルのしっぽ」は世に出ることになったのです。



コラム(1) 伝えたいこと。

本で伝えたいことは、なんだろう。
そう考えて行き着いた<伝えたいこと>をひと言でいうと、
「いつもの日常は、本になるほどしあわせなことなんだ」ということ。

はじめの本のコンセプトは、こうだった。

どこにでもあるような駐車場にいた
どこにでもいるようなノラネコと
どこにでもいるようなヒトの
どこにでもあるようなお話。

ジュルとわたしはアイドルネコでも作家でもなく、ただのノラネコと主婦だもの。
そんなありふれたお話が本になってしまうのだから不思議。
出版のプロである方々が本にしたいと思ってくれたのだから、きっとなにかあるのだろう。

感動的で劇的なお話ではないけれど、
きっと、日常にあたり前のことなんて何ひとつなくて、
いまここにある日常が、本になるほどしあわせなことなんだと思う。
そんな毎日がどこにでもある。そこにも、ここにも、あそこにも。
そんな毎日を過ごさせてくれるジュルに感謝しなくては。


カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

hana*

Author:hana*
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。