スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄付のご報告(1)

『ジュルのしっぽ』が発売されて1ヶ月。
おかげ様でこれまで3刷・合計9,000部を数えました。

4/30現在までの発行部数では、 929,250 が、
「ライフボート友の会」に寄付されることが確定いたしましたので、
ご報告いたします。

●4/30現在、初版5,000部分が下記のとおり振り込まれました。
[計算]4,850(部)×105(円)=509,250円(税込)
※初版5,000部のうち150部は献本や見本として対象外になります。
※1冊分の寄付額は印税全額と出版社利益を併せて105円(税込)です。
※振込手数料は出版社が負担してくださいました。


●6/30に2刷・3刷合計4,000部分が振り込まれる予定です。
[計算]4,000(部)×105(円)=420,000円(税込)
※実行された際に改めてまたご報告いたします。

出版社ジュリアンHPでも、報告されています。
3刷以降の増刷は、今のところ未定です。

なお、寄付に関する詳しい説明は、このブログにしてあります。
お知りになりたい方は、ココをクリックしていただければ、
寄付に関するページだけをご覧になれますので、併せてご確認ください。

また、増刷のご報告の機会に恵まれますように。


※5/6 寄付先・出版社と金額表記を統一するため、税込表記に変更しました。

スポンサーサイト

書店用ポスター

書店に配られるポスターです。
大きさはA3ぐらいだそうです。
感想やコメントをいただいた皆さん、本当にありがとうございました。


ポスター


コラム(5) 補足解説

「たとえ言葉は交わせなくても、心は交わせるということ」について。

ヒトは言葉で心の中を表現できるばっかりに、心を汲み取る力が退化してしまったのかもしれない。
言葉を交わせない代わりに、ネコやイヌはわたしたちヒトよりも心を汲み取る力が優れているように思う。
わたし達が自分自身でも気づかないような小さなサインをみつけて、病院に連れて行こうとしていることや、薬を飲ませようとしていることが、どういうわけかバレてしまうのも、そう考えると辻褄があう。
ジュルやチャイや公園のネコたちが、はじめて対面した時にみせたあの緊張感。
目、耳、鼻、持てるすべてを尽くして全神経を集中して、わたしの動きや声、表情をとらえて心の中を探ろうとする集中力をたしかに感じた。
これは逆に、わたしがもしその心を汲み取る力をちょっとでも身につけることができたなら、ジュルの心の中を感じることもできるということになる。
ジュルの目や耳やしっぽの動き、姿勢や鳴き声の違いを注意深く観察して心を汲み取るように努力すれば、はじめは思い込みが多いだろうけれど、だんだんと本当に心を交わせるようになれると思う。
きっと言葉を持たなかった頃の人類にはちゃんとできたことなのだろうから、努力さえすれば意外と簡単に身につくのかもしれない。
忙しさにかまけないで、ジュルとの時間をできるだけ濃くしていこう。


コラム(4) 感想に感謝感激。

ぶわっと涙が溢れでた。
「出版してよかった」
そう心底思ったのは本ができた時でも、重版になった時でもなく、
読んだ方からの感想をいただいた時だった。

いままで“感想”をもらうようなことをしたことがなかったので、
こんなにうれしいなんて知らなかった。
ブログのコメント欄やメール、出版社に届く愛読者カード、オンライン書店のレビュー。
すべて拝読させていただいています。
感想を送っていただいた方には、心から感謝。
本当にありがとうございました。


寄付のご説明

書籍版「ジュルのしっぽ」の寄付は、購入または応援してくださった方々といっしょに行なうことなので、
今月末から発生していく寄付について、事前にくわしくご説明しておこうと思います。


★書籍版「ジュルのしっぽ」で発生する寄付金は、増刷するごとに発生します。
(つまり、初版、2刷、3刷・・・と増刷される度ごとに、寄付金が支払われます。)

★1冊あたりの寄付額は100円(税抜)です。
著者に支払われる予定であった印税の全額と、出版元が寄付する予定であった売上の一部を併せた額に、更に出版元が増額して「1冊100円寄付」という購入者にもわかりやすい設定を実現しました。

★増刷ごとに製本した冊数に1冊あたり100円(税抜)を掛けた額が、「ライフボート友の会」に寄付されます。
※振込手数料は出版社が負担してくださいます。

★寄付の支払いは、初版分は08年4月末予定です。
 重版分は発行月起算の翌々月末に随時実行される予定です。

★支払いは出版社「株式会社ジュリアン」から直接、「ライフボート友の会」に振り込まれます。
よって、著者・山崎花奈には一切の金銭授与が発生しません。
また、印税以外の名目(稿料や契約料等)による金銭授与も一切ありません。

★増刷ごとに発生した寄付額と累計額を、皆様に公開してご報告します。

★寄付金は「ライフボート友の会」の運営資金として、1匹でも多くのネコやイヌを殺処分から救い出し、家族と巡り会わせるために使用されます。


コラム(3) 時系列でみる『ジュルのしっぽ』

物語のようにペラペラと読み進んでもらうために、本には日付を入れませんでしたが、
ブログ『ジュルのしっぽ』はもともと、日記としてつけてきたので、
書籍版『ジュルのしっぽ』はわたし達が過ごした時間の流れのとおりになっています。

日付で追うと、こうなります。

05/ 7/ 9 駐車場ではじめてジュルと出会う
05/ 7/25 台風7号、東京に接近
05/ 7/26 朝、ジュルを保護。夜、台風7号房総半島に上陸。大雨。
05/ 7/27 動物病院へ。ネコエイズ陽性判明。家族にすることを決める。
05/ 7/29 ジュルと命名
05/ 8/22 避妊手術
05/ 9/13 オモチャではじめて遊ぶ
05/11/19 ジュルハウス完成
06/ 3/25 ブログ『ジュルのしっぽ』開設
06/ 7/ 8 引越し
06/ 9/ 1 散歩をはじめる
06/ 9/25 キャットシェルフ完成
06/11/ 8~旅行にいくようになる(ネコタビ)
07/ 5/18 スズメの居候
07/11/ 1 はじめて服を着る
07/12/ 8 子ネコ(チャイ)を保護
07/12/24 チャイが正式に姪っ子のイエネコになる

本と照らし合わせると、時間の経過や季節も感じられると思います。
いまも現在進行形で、書籍化やチャイの成猫式と続いています。
さてさて、これからはなにが起こるのでしょう。。。


カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

hana*

Author:hana*
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。